マルタの事業

全国の産地をリレーして旬のこだわり農産物を1年中安定してお届け

マルタには、北海道から沖縄まで、共通の理念を持った生産者のネットワークがあります。全国に広がる200以上のグループで、多種多様な品目を生産しており、どの産地においても、土づくりと味にこだわり、安全性と環境に配慮し、安心しておいしく食べられる作物づくりに尽力しています。そうした技術と熱意を持った生産者の集まりだからこそ、有機栽培や特別栽培といった栽培内容、希少な品種や新しい品種、機能性など、取引先の要望に合わせた提案が可能です。
全国の産地ネットワークを活用し、こだわり農産物を旬の産地でリレーすることにより、周年で安定した供給体制の構築を目指しております。栽培に無理の少ない旬の産地をつなぐだけでなく、離れたエリアで複数産地を配置し、近年特に悩まされている突発的な災害や天候不順の際にも強みを発揮しています。
マルタは生産者自身が運営する組織です。生産者の特徴を的確に捉え、取引先の要望を最大限に叶える生産体制を、計画的に組み立てることができます。

プロとして切磋琢磨し合う生産者たち

方向性を同じくする生産者同士のつながりは強固です。研修や地区・全国の大会等で定期的に顔を合わせ、成果や課題を報告し合って互いにレベル向上に努めています。商品開発では、地理的に離れた生産者同士でも情報を共有しチームを組んで挑み、数々の成果を挙げてきました。
また、多くの生産者が、GAP(農業生産工程管理)手法への取り組みを積極的に行っており、食品の安全管理、組織づくり、経営改善に役立てています。事実上の国際標準であるグローバルGAP認証を取得した生産者数は、全国で既に50人以上にのぼり、取引先から篤い信頼をいただいています。

畑と食卓をつなぐ仕組みづくり

出荷された農産物を食卓へと届ける物流業務も変化しております。産地直送形式が多かった時代に比べると、産地での小口物流の衰退や発注リードタイム短縮への対応の影響で、近年、消費地に近いパッケージセンターの役割が大きくなっています。
現在マルタでは、パッケージセンターを自前では持っておりませんが、業務委託する物流企業と協業し、取引先からの要望に応じた物流体制の整備と、きめ細やかな受発注コントロールを行っています。エリアごとの加工拠点やコールドチェーンの整備を進め、産地から入荷した農産物の確実な保管・選果・商品化と迅速でスムーズな納品体制を構築しております。

広告