有機農業を農業の主流に

株式会社マルタは、化学肥料や除草剤の多投によるみかんの味の低下に危機感を持った南九州の柑橘生産者有志が集まり、土づくりと味にこだわった有機農業を志向する生産者の組合として1975年に発足しました。

以来40年を経て北海道から沖縄までネットワークを全国に広げ、持続可能な農業の推進という理念に共感する全国の生産者の出資のもと、多品目の安全でおいしい農産物を食卓に届 けてきました。生産者に向けては有機農業や環境保全型農業に関する研修の場や最新情報を 提供し、切磋琢磨の中で共にレベルの向上を目指しています。

創業当時には、“変わり者”の農法と見られていた有機農業は、今や生活者から熱い注目を浴び、有機農産物の販売チャネルも飛躍的に増え、多くの販売シーンで高い評価をいただいています。しかし、農業全体に占める有機農業や環境保全型農業の割合を見れば、まだまだ大きな存在とは言えません。

私たちはこれからも、環境や安全性に配慮した持続可能な農業経営を実現し、有機農業が日本の農業の主流となることを目標に、不断の努力を重ねてまいります。そして同時に、健全な社会の発展に寄与し、生きていく上で大切な食を支える農業が、より高い地位を得られる社会となるよう努めることも、未来に向けた私たちの重要な責務と考えています。

広告